フレンチ

イタリアンといえば、とにかくオリーブオイルを使うイメージですが、酪農の国フランスは乳製品のバターや生クリームを使うという特徴があります。

イタリアは地中海という素材に恵まれている為、あまり手を加えない調理法がベースにあり、臭みを消すためににんにくやハーブもよく使いますが、フレンチはどちらかというと手の込んだ凝った調理法が多いです。フランスは気候が涼しく食材を保存しやすい上、酪農が盛んで食肉や乳製品の流通が多い為、保存を目的とした加工品やソースに進化したといわれています。


日本の主食といえば米、イタリアンはパスタ&ピザ、フレンチはパンになるところも違いの1つです。


マナーも、生野菜は切らずにナイフやフォークを使って折りたたんで食べる。ピザみたいな手づかみはNGなど違いがあります。



 

大船駅西口(観音像側)から徒歩5分のbar manoirはカジュアルな装いでも気軽に立ち寄れるオーセンティックバーです。

ビール、ワイン、ウイスキー、カクテル、ノンアルコールなど、豊富な種類のお酒をご用意してお待ちしています。

【住所】神奈川県鎌倉市台1-4-2 鈴木ビル1F

【電話】0467-73-8474

【OPEN】17:00~24:00 不定休

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

和製英語で、グラスを1杯ずつ提供するバーのこと。 大船駅西口(観音像側)から徒歩5分のbar manoirはカジュアルな装いでも気軽に立ち寄れるオーセンティックバーです。 ビール、ワイン、ウイスキー、カクテル、ノンアルコールなど、豊富な種類のお酒をご用意してお待ちしています。 【住所】神奈川県鎌倉市台1-4-2 鈴木ビル1F 【電話】0467-73-8474 【OPEN】17:00~24:00 不

直訳すると「本物のバー」 バーカウンターがあって、バックバーには豊富な種類のお酒が並び、専門的な知識を持つ正装したバーテンダーがいて、お酒と雰囲気と会話を楽しむ格式を重視した飲み屋。 大船駅西口(観音像側)から徒歩5分のbar manoirはカジュアルな装いでも気軽に立ち寄れるオーセンティックバーです。 ビール、ワイン、ウイスキー、カクテル、ノンアルコールなど、豊富な種類のお酒をご用意してお待ちし